default

平日のショッピングは気持ちが良い

平日のショッピングは気持ちが良い

平日休みを利用して近所のショッピングモールに行ってきたんですけどね、もう最高に気持ちが良かったですよ。

まずは道路。とにかく空いてるですよね。普段激混みで大人気の道がスカスカ。その道は休日にしか利用しない道だったんで衝撃的な空き具合でしたね。

休日もこれくらい空いていればと思うのですが、軒並み娯楽施設や素敵なお店があると無理ってもんでしょうね。というか、そんなに集客率の高い店をなんでこんな片側一車線のような道に建てたんでしょうかね。不思議でしょうがないです。

そしてスカスカの道路を走ってついたショッピングモールの駐車場もスカスカ。何度も訪れている場所なんですが、店の出入り口付近に車を停められたのははじめてでした。

中はそこそこ混んでいましたが、休日のように歩く場所を選んだり、他人に歩幅を合わせるような苦労が無く、伸び伸びとあるくことができました。歩幅を人に合わせて調整するのって凄い辛いんですよね。自由に歩くより腰や脚に負担がかかるし、ストレスも溜まっちゃうんです。その日は、今までの窮屈な歩き方から開放されて、好き勝手に闊歩してやりましたよ(笑)

店員さんもまったりしている人が多かったですね。アクセサリーショップやアパレルショップは平日お客さんが全然入らないようで、特に暇そうにしていました。悪く言えばやる気が無い感じ(笑)

でも、私はこの気の抜けた店員さんの感じ嫌いじゃないですね。自由に好きな商品を見て選ぶことが出来ますから。「何かあったらお声をかけてください」と言って後は放置。これ私にとって最高の接客。

どちらかというとやる気ありすぎの店員さんの方が苦手。「いらっしゃいませ!」「これなんかいいですよ!」「あぁ、凄く似合ってます!」もう、褒められっぱなしで嘘か誠か分からないんですもん。あげくいらないの買っちゃったり。戦略?

とにかく、平日は私の好みの接客スタイルが多かったので自由に楽しむことができました。本気で買い物したいなら平日に限りますね。平日休みっていいなぁ。

エヌワン

迷惑な足音・・・隣の住民について。

私たちが住んでいるアパートは4世帯2階建て。

各2部屋ずつが並んでいる。

ここに越してきて早2年目。

初めは隣の住民とも親しかった。

というのも、彼女とは同い年で子供が幼稚園に通っているので、娘ともよく遊んでくれていた。

ゴミ出し、地域のことを中心にいろいろ話を聞いて教えてもらっていた。

しかし、去年の今頃関係が一転した。

今思い出しても不快な事件だった。

もう一棟の友達と3家庭で頼んでいた共同購入。

共同購入は、初めに注文していた家に集まって受け取るシステムなので、

私たちは毎週もう一棟に集まっていた。

しかし、外出が多い隣の彼女Aは毎回そのBに注文用紙を預けるようになった。

そこまでは誰でも用事などはありうることなのでいいのだが、

基本発泡スチロールに入れられたままおいてもらうシステムになっている。

留守にしていた場合は次週までその箱を預かるのだ。

でもAは「箱を置かれるのは困るし、邪魔だから」といって、

毎回Bの家の冷蔵、冷蔵庫の中で帰りまで預かってもらっていたのだ。

量に関しても頼まれる側の都合も関係なく大量のことが何度もあった。

ルールはルールなので、そんな自分本位な理由で預けられるのは迷惑だとBといつも話していた。

そして私から彼女へ「預けるときは箱で置いてもらってその箱は頼んだ人が保管することにしよう」と提案したのだが、

逆ギレを起こした彼女は「個人宅配にするからいいです」と不快なメールをしてきたあげく、

箱についても部屋には置かずに踊り場に放置したのだ。

それ以来、彼女の常識から外れた考え方が理解できず、距離を置いている。

そればかりではない。

幼稚園があってもなくても基本毎日出歩いている様子のA。

人の家のことについて干渉したくないが、

毎日時間に関係なくどたばたと階段を下りたり、のぼったりする足音が部屋の中にいても響いてくるのだ。

その足音が気になってせめて自分はと、帰りが遅いときや朝早いときなどは慎重に足音に気を付けるように心がけている。

隣の住民というのは住んでみなければどんな相手かわからない。

だが、今は不快な思いを押し殺して耐えている。

平日のショッピングは気持ちが良い