default

夜の思い出に耽るお散歩

夜の思い出に耽るお散歩

先週末、珍しく仕事が早く終わる日がありました。休みの前日は大抵、夜22時近くまで仕事をしているのですが、その日は17時に仕事が終わりました。この時期で日が沈みきっていない時間帯に帰れることは、ここ2~3年の間でははじめてでした。

仕事場から帰る車の中、今日の余った時間を何に費やそうか考え、私は愉快な気持ちを抑えられずに仕方ありませんでした。次の日は休み。思い切り羽を伸ばしても支障はありません。

私は家に着く前にDVDのレンタルショップに寄り、見逃していた映画を2~3本借りようと思いました。しかし、週末ということで、目ぼしい作品は全て借りられてしまっていました。

結局1本もレンタルをせずに帰宅。映画館に何かを観にいこうかと思うも、また車を出すのが億劫に感じてしまい、断念。そして、Ipodをスピーカーに繋いで音楽を聴きながらソファーでうなだれはじめました。そのままとくにすることも無く時間が過ぎていきました。

30分くらいぼーっとし続け、時間は19時。突然「時間が勿体無い」と思えてしょうがなくなりました。私は何を思ったか、スポーツウェアに着替えてIpodを装着して外に飛び出ました。

昔は仕事が終わると、こうやってウェアに身を包んで音楽を聴きながらジョギングをしていました。最近はもうそんな暇があるなら眠るかゆっくり湯船に浸かりたいと思ってしまうので行なわなくなりましたが、ちょっと昔の行動が懐かしくなってしまったんでしょうね。

でも、その日は、ジョギングではなくウォーキング。夜の散歩を楽しみました。Ipodから当時ジョギングしながら聴いていた曲を流し、昔を懐かしむ感じを楽しみました。「昔はこんなのよく聴いていたなぁ」という具合に感傷的にもなりました。

若い頃好きだった曲を聴くと、若返った気持ちになります。ちょっぴりおなかに脂肪はついて外観は情けなくなってしまいましたけど、あの頃の心はしっかりと持ち続けているんだなぁと再認識することができました。

音楽というのは、聴いていた場面を記憶するんです。記憶に埋もれた場面でも、音楽に合わせて思い出すことができます。旅の思い出、日常の出来事、そしてそのとき自分が何を思っていたかを。

フリードスパイク

幼稚園で初めての息子のお弁当

今日は息子の通う幼稚園のお弁当開始日です。

まだ年少さんなのでお弁当箱もパパと比べたらとても小さく、

ご飯を6割、残りの4割をおかず2品と考えたら

作るのにさほど悩むこともなさそうです。

毎日パパのお弁当を作っているので、いっしょに子供のものも作れるはず、

と余裕でいたのですが・・・

緊張のあまり、今朝4時に目が覚めました・・・。

何ということでしょう(泣)。

結局二度寝も出来ず、早朝5時から弁当作り開始です。

スプーンでご飯を食べるのにてこずるだろうと思い、

のり巻きにして弁当箱にぎっしり詰める作戦にしました。

中身は納豆ではくさいだろうと、かっぱ巻きと鶏そぼろ巻きに。

のり巻きと言っても、簡単に作れるキッドが100円ショップで売っていて、

息子の離乳食後期から愛用しているもので作りました。

あとのおかずですが、

息子の大好きなクリームチーズを角切りにして「のりたま」をまぶしたものと、

大量に作って冷凍してあった肉団子を使ってミートボールを作りました。

こうして作ってみると、息子の大好きなものばかりになってしまいますね・・・。

しかも野菜という野菜は、かっぱ巻きのきゅうりくらいですね。

明日から気をつけよう。

5時から作っているので朝ごはんの時間まで、余裕で作り終わっているかと思いきや、

けっこうギリギリまでかかっていましたね。

初めての幼稚園弁当なので少々気合が入ってしまったようです。

帰宅時間、幼稚園バスから降りるやいなや、

送迎の先生から一言

「○○くん、お弁当完食でした!」と言われ、

何故か他のママさん達から拍手が沸きおこって

すごく照れくさくなりました(笑)。

35にもなって他人から拍手されるとは・・・。

そして気になるのは、大食漢の息子が普通サイズのお弁当箱で足りるかどうか。

早速息子に「お弁当、お腹いっぱいになった?」と聞くと、

「うん。おいしかった」との事なので、

とりあえず当面はお弁当箱を買い換える必要は無さそうです。

その会話を聞いていたママさんが、

「足りた?って聞くの珍しいよね。普通残しちゃって悩むものなんだよ」

と言っていました。

そ、そうなのか・・・。

食の悩みって人それぞれと思っていましたが、

よく食べて悩んでいるのってうちくらいなのでしょうか(汗)。

さて、明日はドタバタしないように今日中におべんとうの下ごしらえをしよう。

夜の思い出に耽るお散歩